こんぶ土居店主のブログ

こんぶ土居店主によるブログです。お役に立てれば。

「養殖昆布は採れている」では、だめな理由

 

前回の投稿で、私共でずっと使用してきた川汲浜の天然真昆布が、不作によって2021年の漁が無いことを書きました。


昆布屋としての営業に、大きな影を落とす出来事です。

誤解があってはいけませんので改めて書いておきますと、北海道の他の地域では、天然昆布が引き続き採れている場所もあります。

また、前述の川汲でも養殖真昆布の生産は比較的安定しています。

この構図をどう見るかがとても大事なポイントになるかと思いますので、今日の投稿は、それについてのお話です。

 

 

お人によっては、「天然真昆布にこだわらなくても、養殖の真昆布でもいいじゃないか」とお考えになるかも知れません。

狭い見方をすればその通りですが、もう少し深い理解がされることを期待します。

 

 

品質面で申し上げれば、天然真昆布と養殖真昆布の味が違うのは言うまでもありません。

しかし、むしろ本当に大切なことは、そんな話ではないのです。

環境が大きく変わり、北海道だけでなく全国的に、更には世界的に、海藻の状態がおかしくなっていることこそ、注目すべきポイントでしょう。

海藻が死滅して岩盤が露出し、そこにウニばかりが目立つ事例は海外でも非常に多くなっています。

 

 

本来の日本の豊かな沿岸環境は、海藻が生えているものです。

北海道の昆布産地でも、海中に昆布ばかりが生えているわけでは当然ありませんで、多種多様の海藻が生息しています。

これらの多様な海藻の群落は「海中林」と呼ばれることもあり、陸上に多種多様の植物が生息しているのと同じ形です。

つまり、海藻が消滅していくということは、陸上の森の木がどんどん枯れていくのと同じようなことだと言えるかと思います。

 

 

想像してみて下さい。

原因が分からないまま、日本の山林からどんどん木々が枯れて消滅することを。

誰もがそれを、とても恐ろしいことだと感じるはずですが、同じようなことが実際に海中で起きているのです。

 

山の木々が人間の住む環境に大きな役割を果たしているのと、海中林が果たしている役割は同じでしょう。

例えば、陸上の植物が光合成によって炭素を固定し、同時に酸素を吐き出していることは、誰もが知るところです。

海藻も光合成をしていますから、海水の組成やPHにも大きな影響を及ぼしています。

それが消滅していくことが沿岸環境にどれほど大きなダメージをもたらすか、想像に難くないでしょう。

 

 

養殖昆布は、言わずもがな人間が栽培したものです。

しかも、岩盤に根を下ろす天然昆布と違い、沖合に設置したロープに着生する形で生育するので、植物としては同じであっても生え方が違うのです。

他の海藻が生えず岩盤が丸裸になって、養殖昆布栽培ばかりが盛んな海は、山で言えば、人間が植林した針葉樹ばかりが生えて他の樹木が消滅しているようなものです。

そうなれば大変なことですし、その先には、針葉樹までもがだめになる図が想像できませんでしょうか。

 

 

私共は昆布屋ですから、当初は原料調達の問題として天然真昆布の不作を捉えていました。

又は、過去から受け継がれてきた伝統ある昆布文化の危機として見てきたところがあります。

しかしこの問題は、もはやそんなレベルを超えているのではないかと考えています。

 

 

天然真昆布の大凶作は、「警鐘」だと捉えるべきでしょう。

おいしい昆布がどうとか、食文化がどうとか、それはもちろん大切なのですが、背後には、もっともっと重大な危機が潜んでいるように思えてなりません。

しかし、前述のように養殖昆布の生産は安定していることもあって、天然真昆布の危機的状況の報道を、ほとんど見かけません。

それ故に、多くの方がこの問題をご存知ないままに見過ごされ、更に悪化していくことを危惧しています。

 

 

常態化した天然真昆布の不作に見舞われ、私はそれを復活させたいと考えて微力ながら活動してきましたが、もう自分の中でのテーマは変わっています。

すべきことは「藻場の再生」です。

その結果としての「天然真昆布の復活」だとの認識になっています。

 

 

今日も、スーパー等の食料品店に行けば、昆布全体としては品不足になっているわけでもありません。

それを見ると、大きな問題ないように感じてしまいがちですが、「養殖昆布があるんだから、それでいいじゃないか」との認識に潜む問題が、ご理解いただけましたでしょうか。

 

 

繰り返しになりますが、天然真昆布の連年の大不作を、更に大きな問題の『警鐘』だと認識して下さる方が一人でも多くなることを願っています。

 

実は日本でも、過去に藻場の再生の成功事例があります。

宜しければ、下記の過去投稿もご参照下さい。

konbudoi4th.hatenablog.com

 

ついに来た、生産量ゼロの年

鰻を食べる風習のある「丑の日」で知られる夏の土用。

ちょうど今の時期7月20日頃のことですが、道南の天然真昆布漁が始まるのは昔からこの時期でした。

昆布漁の最盛期には浜が活気づき、特別な空気に包まれます。

f:id:konbudoi4th:20210723193508j:plain

 

私も平成16年から毎年、使用する最高級真昆布の産地である川汲浜を訪れ、漁師さんのお手伝いをしたりしてきました。

f:id:konbudoi4th:20210723193701j:plain

今年は、あいにくコロナウイルス感染症もあって出張するわけにもいかず、大阪で普段通り過ごしています。

 

 

そして今年、史上初の事態が起きてしまいました。

川汲浜では、今年の天然真昆布漁はありません。

昆布がほとんど生えていないのです。

このブログでも幾度となく書いてきましたが、平成26年を最後の豊作年として、それ以後、道南の天然真昆布は不作が続いています。

f:id:konbudoi4th:20210723193150j:image

その復活のために活動してきましたが、短い期間で成果が出るような生易しい事でないのを、やればやるほど感じて、歯がゆいものです。

 

こんな現状であっても、こんぶ土居では天然真昆布を引き続き販売しています。

熟成による品質の向上と不作への対応として、十分な備蓄をしてきたからこそですが、それも長くは続かないと思います。

私共が主たる原料としてきた昆布が一切手に入らず、販売を終了する。

そんな未来が見えてきてしまいました。

 

取るに足らない品質のものが無くなるのならまだしも、大昔から最高級品に指定され、「献上昆布」の別名もある昆布です。

日本独自の伝統食文化の大切な要素が無くなりつつある現状を、非常に残念に思います。

なんとか未来に良い結果を出すために、復活への取り組みは続けたいと思います。

 

 

初めて浜を訪れた平成16年当時のことを今でも鮮明に思い出しますが、「良い時代だったんだなぁ」などと思ってしまいます。

昆布屋をやり始めてまだ数年であった当時に書いた、感想文のようなものを末尾に載せておきます。

天然真昆布がなくなるなど、思いもしなかった在りし日の思い出です。

 

次回の投稿は『「養殖昆布は採れている」では、だめな理由』と題し、天然昆布の不作が真に意味するものについてのお話です(下記リンク)。

もう、食品としての美味しさとか、そんなことを超えた重大な要素を含んでいますから、是非ご一読いただきたいと思います。

konbudoi4th.hatenablog.com

 

 

drive.google.com

 

 

食育について

 

 

「食育」という言葉が広く知られるようになりました。
昔であれば、食の基本的な素養は、家庭での食習慣で自然と身につくものだったでしょう。

しかし、それが難しくなった現代ですから、教育の一環として重要視されてきているのだと思います。


食育活動自体は、もちろん良いことだと思うのですが、その一方で「食育」の名を借りた企業の営業活動のようなものも見受けられますから注意が必要です。


例えば、インスタントラーメンを作っているメーカーが、自社製品のアレンジレシピを考えるイベントを、「食育」の名のもとに開催したり。

日本の「だし」の話と結びつけて「うまみ」を説明し、終わり際に子供たちに自社のうまみ調味料を記念品に渡していったり。


こんなのは、食育でも何でもなく、ただの自社製品の刷り込みでしょう。

こういった事例が学校教育にまで入り込んでいますから、困ったものです。

 


また、一流の料理人さんが学校などに出向いて、外国の特殊な料理を披露したりする事もあるようです。
これは特に悪いというわけではありませんが、言ってみれば趣味的な内容であって、優先順位としては基本的なことを押さえた後であるべきでしょう。

 


やはり子供に向けた食育としては、「一汁一菜」と呼ばれるような、伝統的な食の基本から教えるのが良いように思います。


具体的には、お米を炊けるようになることは、最初の一歩でしょう。

それも、炊飯器でなく鍋で炊くことを教えられればと思います。

次には、おいしい味噌汁が作れることでしょうか。

 

 

冒頭には、問題のある食育の例を書きましたが、継続して素晴らしい取り組みをしている企業もあります。
大阪ガスさんの食育は、その代表例でしょう。

www.osakagas.co.jp


オール電化のご家庭を除き、調理には普通ガスを使いますから、食育にも力を入れておられるのだと思います。
大阪ガスさんで2017年から継続しておられる「和食だし体験講座」は、私共としても非常に参考になります。
過去に、こんぶ土居が少しだけお手伝いさせていただいた経緯もあり、定期的に活動の様子などをお知らせ下さっています。

 

こうした活動は、社会からも高く評価され、多くの表彰も受けておられます。

このご時世、こういった取り組みへの予算もつきづらいようですが、なんとか良い形で継続していっていただきたいものです。 

 継続してこられたからこその調査レポートも非常に興味深いです。

https://www.osakagas.co.jp/shokuiku/pdf/2021/wadashi_report2107.pdf

 

 

 こんぶ土居での取り組みの事例をご紹介しますと、北海道の昆布産地の小学生へ向けたものでしょうか。

三代目の時代から、20年来続けてきました。

f:id:konbudoi4th:20210713093424j:plain

毎年5年生を対象に開催してきましたが、大きくなった彼らと再会する機会も結構あるのですが、意外なほどに当時のことをよく覚えていてくれているのが非常に嬉しいです。

f:id:konbudoi4th:20210713093557j:plain

なんでもそうですが、やはり「続ける」ことは大切ですね。

 

 食育については、平成19年に、当時不定期で発行していた「こんぶ土居通信」で三代目が考え方について書いています。宜しければ、そちらもご覧ください。

 

drive.google.com

 

 

本ブログ内にも、前述の磨光小学校で続けてきた1日授業について書いた過去投稿がありますので、下にリンクを貼っておきます。

 

konbudoi4th.hatenablog.com

 

 

『表示』、品質を見分ける指標

 

  例えば加工食品のパッケージに、

『こだわりの厳選素材を使って』とか、

丁寧に心を込めて作っていますとか、

先祖伝来の秘伝の製法でとか、

 

こんな表現を目にしたとすれば、多くの方はどのようにお感じになるのでしょうか。

 

 

加工食品を製造するメーカーはどこの会社でも、自社製品を良く見せたいものです。

そのため、前述のような美辞麗句を並べたてがちです。

しかし多くの場合、その表現が具体的に何を意味したものなのか曖昧です。

 

例えば、「こだわり」「丁寧に心を込めて」「秘伝の製法」といった言葉なら、たいていの製品に関してこじつけて言ってしまえるはずです。

こんな表現は、言わば「書き放題」です(一部、表現方法の規制は存在しますが、抜け道はいくらでもあるものです)

 

 

私個人的には、そんな表現を見れば「やれやれ」と思ってしまうのですが、多くのメーカーがそんなアピールを続けるところを見ると、効果があるということでしょうか。

こんぶ土居の製品には、そんな意義に乏しい表現は使いたくありません。

もう少し、実のある情報提供をしたいと考えています。

 

 

「好きなように書き放題」、でない要素としては、行政によって加工食品に表示することが義務付けられている情報があります。

それは「一括表示」と呼ばれるものです。

パッケージの裏面にまとめて書かれている表示のことですね。

「一括表示」の、最も基本となる情報は下記の6つです。

 

●名称
●原材料名
●内容量
●消費期限または賞味期限
●保存方法
●製造者等の名称及び住所

(これ以外にも、栄養成分表示や主要原料の原産地表示なども、昨年猶予期間が過ぎて現在では表示が義務付けられています。)

 

この中で、製品の良し悪しを見分けるために最も注目すべき要素は「原材料名」だと思います。

 

メーカーが加工食品を作る際、その製品が本当に良い素材でつくられているのなら、それは「多くの消費者に伝えたい情報」でしょう。

逆に、ある製品が粗悪な原材料でつくられているとすれば、それはメーカーにとって「知られたくない情報」でしょう。

これは、非常に大きな違いです。

 

つまり、本当に厳選した素材で製品を作っているのであれば、それは進んで開示したくなるはずなのです。

ですので、ずっと昔からこんぶ土居では、表示義務のありなしに関わらず可能な限り詳細な原材料表示を書くようにしてきました。

 

しかし製品の表示は、例外的な場合を除き8ポイント以上のフォントサイズで書くことが決められていますから、載せられる情報量はラベルの面積的な理由によって制約があります。

しかし、オンラインストアであれば、文字数の制約はありません。

そのため、基本的に全ての原材料について産地(原産地または加工地)を表示し、複合原材料については、それが何で構成されているのかを書いています。

 

例えば、よくあるタイプの塩ふき昆布である「細切しおふき」を例に取ると、製品に貼り付けているラベルはこんな表記になっています。

f:id:konbudoi4th:20210707225637j:image

オンラインストアでは、更に詳細に下記の通りに記載しています。

【原材料の詳細】
真昆布(北海道函館市産)
丸大豆醤油(和歌山県東牟婁郡製造)(原材料:丸大豆、小麦、塩)
濃縮だし(大阪府製造)(原材料:真昆布、鰹節、鰯煮干し)
たまり醤油(三重県鈴鹿市製造)(原材料:丸大豆、塩)
伝統味醂岐阜県加茂郡製造)(原材料:もち米、米麹、米焼酎(乙類))
純米酒(長野県佐久市製造)(原材料:米、米麹)
和三盆糖徳島県製造)(原材料:さとうきび、砂糖)

 

 

自画自賛になりますが、こんな詳細な原材料表示は、他社に例を見ません。

前述の通り、こんぶ土居が詳細な表示をするのは、それが「知っていただきたい情報」であるからです。

仮に粗悪な原料で製品づくりをしているのであれば、そんな「知られたくない情報」を進んで書きはしないでしょう。

この事に、是非ご注目いただけるなら、製品づくりをしている者としては非常に嬉しく思います。

 

一括表示欄に義務付けられている要素だけでは、消費者に十分な情報が伝わらないものです。

本ブログの過去投稿では、表示を免除されるものについて詳細に書いています。

是非ご一読下さい。

表示を免除されるもの① 原材料の原材料 - こんぶ土居店主のブログ

表示を免除されるもの②キャリーオーバー - こんぶ土居店主のブログ

表示を免除されるもの③加工助剤 - こんぶ土居店主のブログ

表示を免除されるもの④栄養強化目的 - こんぶ土居店主のブログ

 

 

原材料表示への「姿勢」の違いから、こんぶ土居製品と一般的な製品との違いを推し量っていただけるなら、非常に嬉しく思います。

 

 

ラッコと昆布に夢想

 

先日、海外のネット記事に面白いものを見つけました。

カリフォルニアでの、ラッコと海藻の関わりについての記事です。

mobile.reuters.com

 

内容の趣旨は、カリフォルニアで海藻が減少する問題に、ラッコが役に立つかも知れない、といったものです。

海藻が減少して磯焼け状態になることは、世界的に問題視されていますが、磯焼けの海では岩盤が露出し、そこにウニばかりが目立つものです。

ウニは海藻を食べますから、その個体数が増えすぎることは、海藻にダメージを与えるわけです。

しかし、もしその海域にラッコがたくさんいれば、ウニを食べてくれますので個体数が調整されることになります。

 

 

 

とても面白い内容の記事でしたので、改めて少し調べてみると、なんと過去には北海道にもたくさんラッコがいたようです。

そもそも「ラッコ」という言葉は、アイヌ語に由来するということですから驚きです。

しかし、現在は日本に野生のラッコはほとんどいません。

理由は単純で、過去に乱獲されているのです。

 

18世紀から毛皮目的で乱獲され、20世紀の初頭には、絶滅の危機に瀕しています。

つまり、100年ほど前には、既に日本からラッコはほぼ姿を消しているのです。

私たちがラッコと北海道を結び付けるイメージを持てなくても無理はありません。

 

 

以前から、天然昆布の資源枯渇に関して何度も投稿していますが、やはり過去から少しずつ生態系のバランスを崩してきているのがよくわかる事例です。

ラッコが昆布不作の直接的な原因だと言うつもりはありませんが、とにかく人間が無茶なことをした過去のツケがまわってきているということは、間違いないように思います。

非常に根深い原因が、本当にたくさんありますから、私がずっと取り組んでいる天然真昆布の再生も、簡単に結果が出るようなことではないようです。

 

 

水族館の人気者のラッコ。

昔は北海道でも昆布に戯れるかわいらしい姿をたくさん見れたんだなぁ、と思うと、そんな光景が戻ってくることを期待し、夢に描いてしまいます。

 

天然真昆布の資源枯渇は乱獲によって起きている訳ではありませんので、ラッコと同列に語ることはできませんが、長い間自然にダメージを与えて続けてきた人間の営みを反省し、改善する必要性を改めて感じます。

 

 

自然塩のミネラルと、減塩の必要性

 

調味料としての塩にも様々なタイプがあり、味も大きく異なりますから、面白いものです。
どれを取っても悪いということは無いのですが、こんぶ土居ウェブサイト上の「原材料について」のページには、以下のように書いています。

 

食塩
製造方法は大きく分けると
1. 物理的な方法で海水から水分を蒸発させ、結晶させたもの
2. イオン交換膜で電気的にろ過したもの
に分類されます。
1の中では太陽や風の力で結晶させ、作り手の顔が見えるものが最高ですが、輸入天日塩を海水で溶かし不純物を除いて再結晶させたものも比較的安価でよいと思います。2はミネラルバランスがどうしても偏ります。専売制時代の名残の、ほぼ塩化ナトリウム100%の塩は、やはり食品として少し不自然であるように思いますし、味覚的にも健康面でも良いものでは無いでしょう。

 


所謂、「自然塩」と呼ばれるものが存在しますが、ほぼ塩化ナトリウム100%の塩との差別化の呼び方でしょう。
こんぶ土居でも、ずっと以前からお取引のある「土佐のあまみ屋」さんの完全天日塩を販売しています。


●土佐の海の天日塩 あまみ

 この塩に限らず、専売制の時代と違い今は良い塩づくりをしている方がたくさんおられますので、選択肢は豊富です。

自然塩と呼ばれるものの特徴のひとつに、ミネラル分の含有量があります。


前述の「あまみ」を例に取ると、パッケージには下記のような栄養成分表示が記載されていました。
マグネシウム:360mg
カリウム:100mg
カルシウム:720mg
(100gあたり)

 

所謂「精製塩」には、上記のようなミネラル分がほとんど入っていませんから、美味しさだけでなく栄養的観点から見ても自然塩は良いでしょう。
ただ、過信は禁物です。

 

まず、日本人は、そもそも食塩を摂りすぎています。
食塩の摂りすぎは、高血圧を引き起こすことがあり、その結果として腎不全や循環器の疾患につながります。
どこの国でも、一日の摂取推奨量を6gぐらいに設定していますが、多くの日本人は平均10gほど摂取していますから、大幅に摂りすぎているわけです。
つまり、減塩が必要なわけですね。


同じ食塩を摂取するにしても、「精製塩」と「自然塩と呼ばれるもの」は塩化ナトリウムの含有量が違いますから、そいういった意味でも自然塩が減塩につながるのかも知れません。
それはそうなのですが。
世間には不思議な説を唱える方が意外に多くいます。

 

それは、
「精製塩を使うから健康に問題が出るのであって、自然塩を使えば減塩は必要ない」といったものです。
普通にネット検索していただければ、この手の話はいくらでも出てきます。
結論から申しますと、この考えは誤りです。

 

 

こういった説を唱える方は、自然塩に含まれるミネラル分に言及されます。
例えば、「自然塩の中には塩化ナトリウムだけでなくカリウムなども含まれるから、カリウムの血圧を下げる作用によってバランスが取れて問題ない」と言ったものです。

確かにカリウムは体内でナトリウムを排出する作用がありますし、良い効果を見せるのは間違いありません。
しかし、自然塩の中に、どれぐらいのカリウムが含まれているのかを把握しなければなりません。

 

そもそも、私たちは一日に、どれぐらいのカリウムを摂取することが推奨されているのでしょうか。
厚生労働省の資料「日本人の食事摂取基準」では、現在の日本人の摂取量を考慮した、高血圧の一次予防のための目標量として、18歳以上の男性では、3,000㎎、18歳以上の女性では、2,600㎎が設定されています。

 

では、前述の「土佐の天日塩あまみ」の成分を振り返ってみましょう。
100g中のカリウム含有量は、100mgでした。
私たちの食生活で塩分(ナトリウム)はあらゆるものに含まれていますから、食塩ばかりから摂っているわけではありません。
ここでは仮に、日本人の一日の平均摂取量10gの半分、つまり5gを天日塩から摂取したと仮定しましょう。
前述の成分値から計算しますと、完全天日塩あまみ5g中のカリウム含有量は5mgになります。
男性の推奨量の3000mgと比較しますと、わずか0.16%にすぎません。
つまり、残りの99.8%は他の食品から摂るのです。
こんな状況で、自然塩に含まれるカリウムの健康効果を評価できるでしょうか。

 

 

「自然塩にはカリウムが含まれているんだ!」と言われれば、それ自体は誤っていません。

しかし、それによって減塩が不要だなんて、どう考えてもおかしな話です。

美味しさの面でもカリウム以外のミネラル分の観点からも、できれば良い塩を選ばれることをお勧めしたいですが、しかしその一方で「自然塩だから減塩不要」という誤情報に惑わされることなく、健康を保つために適切な減塩をしていただくのがよろしいかと思います。

 

昆布屋的に申しますと、たった1gの昆布にもカリウムは61mg含まれていますし、他のミネラルも多いので、前述の塩と比べると遥かに血圧を下げる効果は高いでしょう。

しかし、これとて過信は禁物だと思います。

そんな考えもあって、これまで私共では、昆布の降圧効果を強調した販売は一切してきませんでした。

 


塩の話に限らず、いい加減な健康情報は本当に多いものです。

流されることなく、正しく評価したいものです。

 

 

砂糖は悪者?精白された食べ物

 

さて、食品や食品添加物についての考え方は人それぞれですが、「どんなものでも食べ過ぎれば悪い」等と言う人が意外に多いものです。

 

それはそうなのですが、その前に

A「体を養う栄養素であるが、取りすぎると悪いもの」

B「そもそも体に不要であるもの」

を分けて考える必要があるかと思います。

 

 

前者の代表例は、塩などでしょうか。

塩分(塩化ナトリウム)は、人間が生きるために絶対に必要な栄養素です。

しかし、取りすぎると高血圧などの原因となり、健康を害することは多くの人の知るところでしょう。

砂糖も似た傾向を見せます。

取りすぎると肥満につながりますし、健康によくありません。

これは、言ってみればたいていの食品に当てはまるのではないかと思います。

何にでも「適正量」があるのは当然ですね。

 

 

私共の製品は、食品添加物を一切使わず自然なつくり方をしているので、それを評価して下さる方も多いです。

食品添加物を使用しない理由は、それが上記B「そもそも体に不要であるもの」だからです。

 

 

その一方で、例えば「砂糖」は、A「体を養う栄養素であるが、取りすぎると悪いもの」

ですから、製造原料として使用します。

 しかし世間には、砂糖を悪者扱いして、避ける方がけっこうおられるようです。

私共の製品についても、「砂糖が入っていなかったら良いのに」という反応を示す方がたまにおられるのです。

極端に砂糖を悪者扱いする方については、その理由が知りたくなります。

 

 

昔に比べて砂糖は安くなり、甘い食品が溢れています。

ですから、やはり砂糖を摂りすぎの傾向はあるのでしょう。

量の問題として「砂糖を控えたい」という意向は良くわかるのですが、「砂糖は体によくないものだ」と考えられるのであれば、それには少し疑問を感じます。

ただ、「白砂糖を避けたい」と考える方の理由なら想像はできます。

 

 

砂糖に限らず、白く精製されたものを避ける方は一定数おられます。

例えば、白砂糖を避けて粗糖や黒砂糖にしたり、白い小麦粉を避けて全粒粉を使ったり、また、玄米を常食する方も同じ考え方だと思います。

精製塩を避けて自然塩、も似た構造でしょうか。

これは、白く精製することによって大切な栄養素が抜けた状態になるので、それを問題視しているのだと思います。

例えば、不足しがちなミネラル類などの微量栄養素は、精白することで大きく減少することは間違いありません。

 

 

 私も個人的には真っ白に精白されたものをできるだけ避けたいと思い、特にパンに関しては全粒粉パンやライ麦パンなどを好んで食べます。

その一方で、お米に関しては、精白しすぎない「分づき米(糠や胚芽を残して精米する米)」なら良いのですが、玄米はやはり食べにくいと感じてしまいます。

また、たまに真っ白なごはんを食べると、「これはこれで美味しいなぁ」と思ってしまうのです。

砂糖についても、栄養の面では黒砂糖や粗糖が良く、料理を豊な味わいにしてくれので素晴らしいのですが、その一方で白砂糖の方が合う用途もあるので完全に避けているわけではありません。

 

以前も書きましたが、味覚はセンサーです。

必要なものを体内の取り入れ、不要なものを摂取しないようにするための仕組みです。

 砂糖が容易に手に入らない時代には特に、人間は甘いものに強い欲求を示してきたでしょう。

それは、体に必要な栄養素であるからこそです。

 

 

こんぶ土居では製造原料として、砂糖以外に、甘味を与えるものとして伝統製法の味醂麦芽水飴も使用しています。

極端に甘味を避けようとする方がいるのであれば、なんだか宗教的「信じ込み」のような気もしないでもないですし、A「体を養う栄養素であるが、取りすぎると悪いもの」については、あまり毛嫌いすることなく適切な距離感を保てば良いように感じています。

 

「砂糖を取り過ぎない」と「砂糖絶ち」の違い、「そもそも体に不要であるもの」と「食べ過ぎると悪いもの」の違い、このあたりの線引きが正しくされると良いと思います。